アットノンは肘の黒ずみには効かない!?

わたくし、頬杖をつくという
悪い癖を持っておりまして
気づいたら肘がガザガザして黒くなってました。
 
頬杖
 
肘って自分からは見えにくい一方で
荒れやすい場所ですよね。
 
ただのボディクリームを塗るだけでは
改善しなかったのですが、
肘の黒ずみにアットノンが効く!?なんて噂が流れているようです。
 

アットノンは肘の黒ずみを解消できるのか?

アットノンは、カサブタや擦り傷、ひび割れなどの
傷跡に使う軟膏のようなものです。
 
アットノン
 
傷ができてから1〜2年経っていても
使える、ということで有名です。
CMもやってますよね。
 
その理由としては、
 

アットノンは有効成分のヘパリン類似物質が、血流の循環を良くして皮膚の新陳代謝を促進し、皮ふの炎症を鎮めて皮ふ自体の正常化機能を回復させ、角質に水分を保持させ柔軟性を取り戻すことで、傷あとを改善しています。
引用:http://www.kobayashi.co.jp/

 
というわけです。
 
皮膚の新陳代謝を促し、肌の表面を保護することで
ガサガサになった角質を柔らかくするっていうのは
黒ずみにも効きそうな気がします。
 

アットノンはあくまで「傷あと」を治すもの

肘の傷
 
アットノンの公式サイトにもありますが、
傷あとができるのは
「異常な組織増殖・炎症反応が原因」です。
 
対して、黒ずみは
「肌が刺激を受けてメラニンを作り出し、
メラニンが蓄積して色素沈着したもの」です。
 
傷あとと黒ずみは似ているようで
仕組みや原因が異なるものなんです。
 
当然、アットノンは傷あとを治すもので
美白しているのではありません。
 
ただし、肘のガサガサ=角化症
(角質が硬く厚くなり、乾燥して荒れた状態)
には有効です。
 
 

肘の黒ずみには美白クリームが有効

クリーム
 
まずは肘をつく癖を直して
クリームで保湿することで角質を柔らかくして
できてしまった黒ずみには美白成分で薄くする、
というのが一番有効です。
 
肘の場合、かなり乾燥しやすい箇所なので
美白成分だけでなく、保湿成分も入った
美白クリームがより良いです。
 
 
わたしが今使っているイビサクリームは、
美白成分トラネキサム酸だけでなく、
 

  • ヒアルロン酸
  • グリセリン
  • 乳酸ナトリウム etc…

 
色んな保湿成分も入っている
保湿重視の美白クリームです。
 
イビサクリーム
 
 
さらに、角化してガサガサに荒れてしまった皮膚を
整える作用のあるグリチルリチン酸2Kも入っているので
 
角化を和らげる+保湿+美白が1つでできる
優秀なクリームなんです。
 
アットノンよりも黒ずみには適していますし
肘だけでなく、顔やデリケートゾーンなど
体のあらゆる黒ずみに使えます。
 
肘の黒ずみにはアットノンより
イビサクリームがおすすめですね。
イビサクリームの詳細を見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました