ジャムウソープは色素沈着に効果ない!?たった一つの真実

陰部の黒ずみ(色素沈着)に使われる
ケアアイテムとして有名な「ジャムウソープ」。
 
ハーブを使った石鹸ということで
人気のようですが、石鹸で色素沈着が改善するのでしょうか?
 
 

ジャムウソープは色素沈着に効果ない!?

石鹸
 
ジャムウソープは
カモミール(カミツレ)やアロエなどの天然ハーブや
ヤシ油のような「天然のもの」のみを使用していて
 
肌にやさしい、肌に良い成分が入っていると
アピールしています。
 
でも!
よく考えてみてください。
 
いくら天然ハーブを使っていて肌にやさしい!といっても、
所詮は石鹸
 
つまりアルカリ性の化学製品。
石鹸=界面活性剤なのです。
 
脱脂力バツグンで、よくないとされてる
ラウリル硫酸配合のシャンプーなんかと
脱脂力は変わらないほど、強いです。
 
つまり、乾燥しやすいんですよね。
 
 
しかも、どれだけ肌に良い成分が入っていても
石鹸は洗い流すもの。
 
肌に良いとされる成分が残ることはなく
肌に残らなければ意味がないです。
 
まぁ石鹸が肌に残っていたら
かぶれるだけですけどね。
 
色素沈着は汚れではなく、刺激によって
メラニンが生成されてできるものなので、
石鹸で洗い流すことはできません。
 
ジャムウソープは色素沈着に
直接作用するわけではないので、
 
古い角質が溜まって黒ずんでる場合以外は
ほとんど効果ないです。
 
 

弱酸性の石鹸には要注意!!!

びっくり
 
肌に優しいことを売りにしている
ジャムウソープですが、
 
中には「弱酸性だから肌にやさしい!」と
謳っているものがあります。
 
が、これは要注意なんです!
 
先ほども言ったように、石鹸というのは
通常「アルカリ性」です。
 
それが何故、弱酸性になるのか。
 
答えは、ph調整剤を使っているから。
 
ph調整剤が入ってるものが
「無添加」と謳ってるんですから。
成分表はきちんと見なければいけませんね。。。
 
ph調整剤といっても分かりづらいですが、
弱アルカリ性の石鹸を弱酸性にするには
 
グルタミン酸ソーダのような
合成界面活性剤を使用することがあります。
 
あれ、無添加って謳ってるのに(笑)
 
「防腐剤」「安定剤」は不使用だけども、、、
 
もちろん合成界面活性剤でも
肌に刺激が少ないものもありますし、
一概に悪いものだとは言えないのですが、
 
無添加って書いてあるのに!
なんか騙されたような気になりますよね。
 
不要なものが入っていないものを探していたのに
これでは本末転倒です。
 
うたい文句に踊らされないように
気をつけなければいけませんね。
 
 

色素沈着にはジャムウソープより美白クリーム

 
イビサクリーム
 
色素沈着には、ジャムウソープよりも
メラニンに作用する美白成分を含んだクリームが
適しています。
 
陰部の黒ずみには肌への刺激が少ない
美白成分を使ったクリームが良いですね。
 
イビサクリームなら肌への刺激が少なく、
それでいてメラニン生成の指令を妨げる働きがある
トラネキサム酸を有効成分としています。
 
もちろん陰部だけでなく
あらゆる皮膚の黒ずみに使えるので、
色素沈着にお悩みの方はぜひ使ってみてください。
イビサクリームの詳細を見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました