デリケートゾーンは特に安全な成分を!経皮吸収率からみる危険性は?

基礎化粧品って顔に使うから
安全でなるべく添加物が少ないものを選びたいですよね。
 
実は、顔よりもデリケートゾーンの方が
より慎重にならなければいけないんです。
 

デリケートゾーンの経皮吸収率

肌
 
人間の皮膚は場所によって角層の厚さが違います。
 
それにより、化粧品や外用薬の吸収率に差が出ます。
これを数字で表したのが、「経皮吸収率」です。
(日本化粧品検定より)
 
二の腕を1とした場合、
頬は13倍も吸収率が高いのです。
 
よく、化粧水を手にのせておくと
手に吸収されそうだから早く顔に塗る、と
思ったことがある方もいるかもしれませんが、
 
手のひらの経皮吸収率は、
二の腕と比較すると、0.83倍なので
どちらかといえば吸収されにくいと言えます。
 
さて、肝心のデリケートゾーンですが、
先ほどの基準でいうと、
経皮吸収率はなんと42倍
 
デリケートゾーンは角層が最も薄く、
化粧水やクリームなどの成分が最も吸収されやすいのです。
 
なので、デリケートゾーンに使用するものには
無添加でより安全な成分を使ったものでないといけません。
 

イビサクリームは5つの無添加

イビサクリーム
 
わたしがデリケートゾーンの美白に使っている
イビサクリームは、
 

パラベン、合成香料、着色料、アルコール、鉱物油がフリー

 
の無添加処方です。
 
ちなみに、全成分は以下の通りです。

【有効成分】トラネキサム酸 グリチルリチン酸ジカリウム
【その他の成分】ヒアルロン酸ナトリウム(2)、シロキクラゲ多糖体、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ローズ水、乳酸ナトリウム液、サクラ葉抽出液、オウゴンエキス、カモミラエキス(1)、ダイズエキス、メチルフェニルポリシロキサン、1,3-ブチレングリコール、ポリアクリル酸アミド、1,2-ペンタンジオール、軽質流動イソパラフィン、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、グリセリン、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)、1,2-ヘキサンジオール、エデト酸二ナトリウム、フェノキシエタノール、精製水
出典:https://ibizabeauty.net/

 
実際にデリケートゾーンや顔に使っていますが、
肌が荒れたりかゆくなったりすることはありませんでした。
 
もし合わないと感じた場合でも、
イビサクリームなら28日間の返金保障があるので
安心して試すことができます。
 
 
経皮吸収率に関しては、
考えすぎだと思う方もいるかもしれません。
 
しかし、化学物質の人体へのリスクは
過小評価してもいけないし、
過大評価してもいけないと考えています。
 
アメリカでは発がん性の危険性があるとして
使用禁止になっている成分が、
日本では配合可能の成分になっている、という事実があります。
 
化粧品には危険の及ばない少量しか
配合されていないとはいえ、
 
それがどんどん蓄積していけば
副作用を発症するリスクがないとは言い切れません。
 
特に、口から吸収したものであれば
肝臓が分解・排出してくれますが、
経皮吸収ではそのフィルターがありません。
 
わたしはメリットよりもデメリットを重視して
よりリスクの少ないものを選ぶ方が良いと考えます。
 
余分なものは取り入れないことに越したことはありません。
 
自分の食べるもの、肌に塗るものがどんなものなのか
自分でチェックしてから判断・納得して使ってほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました