黒ずみケアのクリームはトラネキサム酸配合かが重要!

黒ずみをなくしたい!と思ったら、
まず美白クリームを探すと思います。
 
間違いではないのですが、重要なのは
どんな美白成分が入っているか、なんです。
 
イビサクリーム
 

そのクリームに「トラネキサム酸」はある?

ボディクリーム
 
さまざまな美白成分がありますが、
その美白成分にはどのような作用があるのかを
理解していないと、自分に合った
美白成分が適切に選べません。
 
できてしまった黒ずみを美白したい!」という
目的を念頭に置いた上で、
有効な美白成分が入ったクリームであるか?
を考えてみましょう。
 
 

できてしまったメラニンを還元する美白成分

そばかす
 
美白成分には、メラニン生成を抑制する成分も
「美白有効成分」となります。
 
しかし、メラニン生成を抑制しても、
できてしまったメラニン(シミ)には
作用しないものもあるのです。
 
なので、黒ずみ改善クリームには
できてしまったメラニンを還元する美白成分
含まれなければ、意味がないのです。
 
できてしまったメラニンを還元する美白成分とは、
 

  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • リノール酸S

 
が挙げられます。
 
これらはいずれも厚労省が認可済みの有効成分です。
 
この中でも、シミの一種である肝斑(かんぱん)の
治療薬にも配合されているのが
「トラネキサム酸」です。
 
 

トラネキサム酸の美白作用

成分表
 
肝斑は、加齢による女性ホルモンの影響によって
発生すると言われています。
 
女性ホルモンは、紫外線でメラニンができるのと
同様に、メラノサイトへ影響します。
 
トラネキサム酸は、紫外線や女性ホルモンが
メラノサイトに働きかける前に
メラノサイトの活性化因子(プラスミン)を阻害します。
 
それによりシミを防ぎ、メラニンの元である
「チロシン」を黒色メラニンに変えてしまう、
酸化酵素の「チロシナーゼ」を分解します。
 
この作用により、 トラネキサム酸はシミに効果がある
とされているのです。
 
トラネキサム酸によってメラニンの生成が妨げられ、
新陳代謝が進むことによって
シミ・黒ずみが薄くなっていく、というわけです。
 
シミや黒ずみを改善したいときは、
トラネキサム酸配合かどうかがポイントです。
 
 

イビサクリーム、使用中

わたしが主にからだ用(特にVライン、腰骨あたり)の
黒ずみケアに使っているイビサクリームも、
トラネキサム酸配合です。
 
イビサクリーム
 
イビサクリームは美白有効成分トラネキサム酸に加え、
すぐれた抗炎症作用・抗アレルギー作用を持つ
グリチルリチン酸2Kが配合されていて
 
荒れた肌を整え、メラニン生成を抑えながら
黒ずみを薄くしていきます。
 
イビサクリームはデリケートゾーンでも使えるように、
無添加にこだわり保湿性と抗菌性の高いうるおい成分を、
8種類配合しています。
 
肌に触れるものだから、
安全性の高いものを選びたいですよね。
 
 

イビサクリームのレビュー

イビサクリーム
 
イビサクリームは顔やデリケートゾーンにも
使えるものだから、安心して使ってます。
 
最初の1ヶ月は
見た目の変化はあまりなかったのですが、
 
2ヶ月目ぐらいから、
黒ずみ部分のガサつきがなくなってきて
若干ですが、色が薄くなってきた気がしています。
 
今までボディクリームを黒ずみ部分に塗っても
すぐにガサついてたので、
イビサクリームの保湿力は本物だな、と思いました。
 
とはいえ、黒ずみがなくなるのが目的なので、
3ヶ月過ぎたら大きな変化が出るのでは!?と
期待しつつ、使い続けようと思います。
 
来年の夏まで半年以上はあるので、
それまでに黒ずみ改善を目指します!
 
Vラインや脇、バストトップなど、
からだの黒ずみが気になる人には
1度使ってみてほしいおすすめのクリームです。
 
今なら29%OFFでイビサクリームが使える
キャンペーンもやってるみたいなので
この機会に、ぜひ♪
 
イサビクリームの詳細を見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました